G.A.W. LCT/E&L AK用マグウェルスペーサーをLCT AKS74Uに突っ込む

G.A.W. LCT/E&L AK用マグウェルスペーサーエアソフトガン

GAW(ガンジニア)さんのLCT/E&L AK用マグウェルを買いました。
LCT(イノカツ)、E&L製のAKはマガジンハウジングが深いため、マガジンが適正位置より奥に刺さりマガジンチェンジをミスることが多々あります。

それを解決するのが、このマグウェルスペーサーやインナーマグウェルと呼ばれる製品です。

分解不要で一番ラクそうで安いGAW製にしてみた

このマグウェルスペーサー、何社か販売しておりまして、目的は同じなれどそれぞれ結構違います。

E&L www.amazon.co.jp

 

明日香縫製さん https://arablog.militaryblog.jp/

 

  • LCT製 同社製本体同様安定のスチール製、はめ込み式、取り外しには分解必須(以前所有のLCT G-04に付けてましたが、取付は分解せずともパワープレイでいけたような?)。
  • E&L製 樹脂製、ねじ止め式、DX・現行品には標準装備。単品販売なさそう。
  • 明日香縫製製 ABS樹脂製、はめ込み式、Oリングでチャンバー部を包み込むような優しいデザイン。
  • GAW製 POM樹脂(ジュラコン)製、脱着容易なネオジム磁石式、最安

こんな感じです。LCT、GAW以外は所有したことないので正確な情報ではないかもしれません。ごめんなさい。

このラインナップの中、GAW製にしてみた理由は以下のようになります。
「POM製なのでマガジンがっつり当てても摩耗しなそう」「脱着は楽な方がいいよね」「いちばん安いよね

安さは大切です。

では取り付けていきます

取付の前に、せっかくのネオジムなので磁石遊びをしたいと思います

いいですね。いろいろなところにはっついてくれます。

電子機器にはくっつけないようにしましょう。

LCT AKS74Uにインストール

こんな作業をインストールだなんて、(笑)って感じですが、
せっかくのブログなので大げさに表現していきたいと思います。

袋出し。磁石は特殊ネジで固定されています。

表面はつるつるしていて気持ちいいです。粘りもありそうな感じ。

ぶち込みます。

するっ

バチーン。

つける前のチャンバー回り。

脱着は非常に簡単でストレスフリーですね。
「楽」っていうのは「楽しい」ということなので、楽なことは買ってでもした方がいいと思います。

それに磁石でバチーンとなるのが結構気持ちいい。

肝心のマガジンチェンジはどうなったのか

マガジン脱着は、とても良い感じになりました。

私はMAG製マガジン(注1)愛好者なのですが、ノーマル状態では結構左右にカタカタしてしまい、給弾不良でも起こしそうだなーといったような感じでした。
しかし、インストール後は左右のカタカタが減少。マガジン上部の余裕が無くなって動きずらくなったんでしょうね。
多少のカタカタもそんなに悪い気はしません。

きつすぎるよりは、、、

(注1)MAG製マガジン:驚安プラスチックマガジン。玉上がりは良い。

一方で純正マガジンはその身をさらに削った

おがくず

これまで所有のAKは全て7.62スチールマガジン系で5.45ベークライト(プラ)マガジンはこの人(AKS74U)が初めてかつ唯一となるので、個体差かはわかりませんが、
純正のマガジンがめちゃくちゃキツキツだったのです。
特に左右がキツく、脱着のたびにその身を削っておりました。

そしてスペーサーを入れたことで案の定、さらにきつくなりました。
マガジンリリースレバーは気合を入れて押し込まなければ動かず、マガジンは自重で落下するわけがありません

GAW製は少々底上げしすぎなのかもしれませんね。

そんな感じでした。

キンドルアンリミテッドでGO OUTやアームズマガジンを含めた様々なアウトドア・エアソフト雑誌が読み放題に

僕らのような趣味人にも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「GO OUT」などのアウトドアファッション誌に、「アームズマガジン」や各種ムックなどが読めちゃいます。
さらにトレンド漫画の最初の数巻や各種雑誌が読めたりと、豊富なラインナップで月額980円は速攻回収可能です。

しかも初月無料。携帯会社のように違約金がかかることもありません。勝手に解除されないので自分で退会する必要はありますけどね。

そんなこんなでオススメっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました