SEE ALL Open Sight Mk2のレビュー。ドットサイトが乱視で歪む人にオススメな実物光学機器

SEE ALL Open Sight Mk2のレビュー。ドットサイトが乱視で滲む人にオススメな実物光学機器エアソフトガン

アメリカ製の光学機器See All オープンサイトMk2を買ってみました。トリチウムは入ってない方です。
今回はSee Allの公式サイトから購入。定価99.95USDのところ、59USD(6000円ちょっと)で買わせてもらいました。

ドットサイトの見え方がおかしい。ぼやけたり滲む? そりゃ乱視でっせ

ドットサイト にじむ

突然ですが、ドットサイトを覗くと点がぼやけたりしません?
「FPSのドットと違う、、、」「写真だと綺麗な点なのに、実際に見るとドットが汚い、、、」とか

あんたそら乱視やで。

かつて実物AimPointを買ったところ、ドットが滲み、自分が乱視だと分かった悲しい出来事がありました。こう歪んでしまうと、MOA(照準器の精度的なものの単位)がナンボとか意味を成さなくなってしまいます。
解決策としては乱視矯正とかレーシックとかありますが、結構めんどう。この現象はドットサイト特有なので、スコープとかマトモなホロサイト、プリズムサイトあたりを使った方が手っ取り早いです。

そんなこんなで乱視でもマトモに動作する、マイクロな実銃用サイトを買ってみた

ボードゲームの箱みたい

 

先ほどスコープやホロサイトで代替できると書きましたが、ちょっとでかいし、マトモなホログラフィックはちょっとお値段が張ります。もっとコンパクトでカジュアルに使えるサイトが欲しい(あと珍しいのが良い)。
ということでこの度See All Mk2を買ったわけです。しかも実物、というか実銃用サイト。ハンターやシューター向けで、軍や警察では使ってなさそうですけどね。

Mk2という名前の通りMk1もあります

Credit. SeeAll

ちょっとダサい、、、。前から気になっていたのですが、かっこいいマークトゥーが出たのを機に買った感じです。

スペック表。今時珍しい完全なアメリカ産

説明書とナットと六角レンチが付属

横幅:1インチ(2.54cm)
縦幅:2.7インチ(6.85cm)
高さ:1インチ(2.54cm)
重量:2.4オンス(68g)

本体素材:6160アルミニウム合金 アルマイト処理
レンズ素材:ポリカーボネート(Guts)
レティクル:クロスヘア(8MOA)

そして、100% アメリカ製!
今時珍しい。公式HPに誇らしげに書いてありましたが、それがものづくりにも活かされてるといいですよね。

各部詳細とか。サイト調整はサバゲー前でも簡単にできそう

先ほどのスペックの通り、本体はアルミ合金製で軽く、質感もいい感じ。所有欲も満たされます…

上から見た図。

底面。ウィーバーレール対応とありましたが、ネジ一本固定なのでピカニティーもいけると思います。

調整はここに付属の六角を突っ込んで回すだけ。簡単です。上からぶっ刺す穴が高低調節、横からのが左右調節です。六角はインチ工具っぽいですが、手元の2mmも入りました。しかしちょっとキツめ。

SeeAllの仕組み。かなり面白い照準ギミック

手前のレンズを通して、奥にある蛍光グリーン色のレティクルを見ます。

するとこんな感じにレティクルが拡大されて浮かび上がります。イメージ的には虫眼鏡付きのリアサイトでフロントサイトを拡大して見せているような仕組みです。面白いですよね。
また、レティクル部は透明で集光性があり、晴れていればかなり鮮明に照準が浮かび上がってくれます。
面白くて庭でしばらくガン見してしまいました(笑)

レティクルはDELTA(▲)とCrossHair(+)の2種類。サイティングは慣れが必要

僕はクロスヘアにしてみました。ちょっとタクティカルな感じがするので(笑)
サイティングには慣れが必要と感じます。特に射撃姿勢を一定にしづらいピストルで顕著。このあたりはドットサイトでも同じですが、光るレッドドットの方が流石に瞬時の視認性は高いと思います。

デメリット:集光チューブサイトみたいなものなので、暗い場所では使えない

デメリットとしてはやはり集光サイトなので、光が無いと使い物にならない点です。暗い屋内はもちろんですが、森林フィールドの木陰レベルでもキツいようであれば、ちょっと考えものですね。これは今後レビューさせてください。
このデメリットを払拭するためのトリチウム版ですが、個人的にはよした方がいい気がします。理由は後述。

とりあえずAAP-01に装着してみた

なんかレーザーでも出そうになってしまいました。しかもちょっとデカいですね。とはいえピストル用は別にあるのでそれも当然です。ただしピストル用はリアサイトを外してDovetailに直付けする方式のようで、トイガンとの互換性問題がありそうです。

それと手元のライフルにも取り付けてみたのですが、残念ながらライザーが無いと低すぎました(笑) また後程。

トリチウム版もあるよ。でも規制値的な問題がで輸入はやめた方がいいかも

気になるトリチウム版ですが、以下が問い合わせ内容です。

ほんとかよ(笑)
なんか適当そうな上におそらく証明書も期待できないので僕はやめました。
トリチウムの下限数量は1GBqらしいのでぴったりではアウト。しかも容器の密封証明と通関手続きに書類申請等面倒が多いですし、どうやら破棄となった際の手続きもかなり大変そう。貿易は品目によってかなりルールが異なるのですが、放射線同位元素周りはダンチで難しそうですね。
下のニュースとか参考になると思います。

まとめ:珍しいガジェット好きには大いにアリ。でもその分特殊です(笑)

とにかく面白い発想の光学サイトです。こういうの大好き。ただし、慣れは必要。ぜひとも使いこなしてみたいです(笑)
現在コロナで世界中マヒってますが、国際郵便網は割と機能しています。今回のUSPS然り。せっかくなので皆さんも海外通販に手を出してみてはいかがでしょうか。
ただし、当記事で挙げたトリチウムなど輸入制限が関わるものには要注意です。実際に今回のSeeAllも税関で開封されています。日本の税関って優秀で、バレなかったーと思ってたら泳がされてたーって話なんかも聞いたことがあります。
この辺はぜひ気をつけていきましょう。

今回はこんな感じでした。参考にしていただければ幸いです。

キンドルアンリミテッドでGO OUTやアームズマガジンを含めた様々なアウトドア・エアソフト雑誌が読み放題に

僕らのような趣味人にも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「GO OUT」などのアウトドアファッション誌に、「アームズマガジン」や各種ムックなどが読めちゃいます。
さらにトレンド漫画の最初の数巻や各種雑誌が読めたりと、豊富なラインナップで月額980円は速攻回収可能です。

しかも初月無料。携帯会社のように違約金がかかることもありません。勝手に解除されないので自分で退会する必要はありますけどね。

そんなこんなでオススメっす。

タイトルとURLをコピーしました